#

OPG 製品案内

クリンチナット(HCLN)

クリンチナット商品写真
上部から見た場合
クリンチナット商品写真
下部から見た場合

サイズ M3〜M6

 締結母材の板厚等の変更により、
 サイズの異なる製品の製造も可能です。

材質 鉄・ステンレス

拡大画像ボタン  PDFデータボタン
各種締結ねじの中で、溶接ナットは数多く採用されております。
それに代わる物として、昨今クリンチナットの需要が増しています。コスト面においても有効な加工方法が認められ、OPGとしてご提案いたします。

特長

  • 上部から見た場合、通常のナットと同形状の製品が可能であり、ニーズにより締結する板厚も異なります。
    当然、溶接ではない為、溶接部からのサビ等が発生しません。
  • 溶接による結合でないため、溶接痕が残らず見た目が美しい。
    またサイズにより、ハンディー工具を製作すれば、作業性が格段に向上します。

寸法表

(単位:mm)
Hタイプ
サイズ
d F D1 h1 h2 相手板厚
(現行サイズの場合)
M3 0.5×7×D4 M3 7 4.0 2.4 0.8 0.4〜0.8
M4 0.7×8×D5 M4 8 5.0 3.2 0.8 0.4〜0.8
M5 0.8×10×D6 M5 10 6.0 4.0 0.8 0.5〜1.0
M6 1.0×12×D7 M6 12 7.0 4.8 0.9 0.6〜1.2
※ ご要望によりH、S、O、Kタイプの寸法書を別送いたします。

カシメ方法

  • 取付け母材の下穴抜き加工&バーリング加工(母材成形時)
  • 母材にナットをセットし専用工具にてカシメる  溶接ナットの下穴合わせ必要なし
  • お客様使用用途に合わせてカシメ方法をご提案させて頂きます 【箇所・数量・サイズ・施工】
    1. ハンディータイプ(数量が少ない・溶接が困難 など)
    2. 卓上プレスタイプ(大量に使用箇所がある・サイズが大きくカシメトルクを必要とする など)
    3. お客様プレス金型組込みタイプ(母材成型時に併せてナットをカシメこむ など)
この商品に関するお問い合わせ